あいつのことが頭から離れない!「The Stray Dog」のら犬ウィリー英語絵本

あいつのことが頭から離れない!「The Stray Dog」のら犬ウィリー英語絵本

日本では、公園でピクニックといえばお弁当を持って野山や海の見えるところなど、見晴らしの良いところへ出かけることでしょうか。
でも今回紹介する絵本では、ピクニックで公園に持っていくのはテーブルクロス、移動式のBBQコンロ、何リットル入るの?と思えるジュースピッチャー。装備品が日本と全然違いますね。
英語絵本の良いところのひとつは、日本とは違う外国の文化に本を通して触れられることですね。

TheStrayDog

「The Stray Dog」はこんな絵本

週末、家族でピクニックで訪れた公園で、一家はある小さな犬と出会います。子供達は犬と一日を楽しく過ごしウィリーと名前を付けました。
子供達はウィリーを連れて帰りたいと願いましたが、両親に「No」と言われ、家に連れ帰ることはできませんでした。でもその日以来、みんなウィリーのことが気になって頭から離れません。そして次の週末、一家はまたその公園へと出かけますが・・・。

2002年のコールデコットオナー賞受賞作品です。
家族のやさしさに触れる温かみのある内容であり、立ちはだかる壁(社会)に遭遇した子供たちが懸命になり、持っている言葉の全てを駆使し、力のあるだけを出し切って、どうしても譲れないものを獲得しようとする成長の物語でもあります。

「The Stray Dog」絵本を英語で読み聞かせ

読み聞かせレビュー

小学2年生の息子がひとり読みしました。英語歴5年(週1英会話教室)ですが、ギリギリどうにか読めました。
絵本といっても内容がしっかりしているし、ドキドキハラハラな場面もあって読み応えがあるので、小学校3・4年でも充分楽しめる作品だと思います。

リーディングレベル

絵本の総語数: 205
Lexile Measure: 440L
SSS YL: 1.2
読み聞かせ対象: 4-8歳
32ページ

「The Stray Dog」の日本語訳絵本

「のら犬ウィリー」とゆうタイトルで
あすなろ書房から出版されています。
英語が初めてのお子さんなら、事前に内容がわかってる絵本の方が理解しやすいと思うので、日本語訳版を読んでからオリジナルに進むのもアリですね。

英語絵本を無料で読もう

県立図書館、市立図書館、町立図書館・・・公共図書館ではたくさんの洋書絵本を無料で読むことができます。せっかく無料なので、ぜひ図書館で英語絵本を借りて読んでみてください。お子さんが気に入る1冊があるかもしれません。

「The Stray Dog」を所蔵する図書館

  • 東京都立多摩図書館
  • 三重県立図書館
  • 大阪府立中央図書館国際児童文学館
  • 山口県立山口図書館
  • 福島県立図書館
  • 岐阜県図書館
  • 福岡市総合図書館
  • 群馬県立図書館
  • 横浜市中央図書館
  • 香川県立図書館
  • 長崎県立長崎図書館

ちょこ英語調べ(2018年4月):同一県内で同じ絵本が多数ある場合、ひとつの図書館だけ表示しています。実際の蔵書状況は最寄りの図書館にお問い合わせくださいませ。

YouTubeで英語学習「The Stray Dog」


The Stray Dog Read Aloud

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする