Little Daruma and Little Tengu だるまちゃんとてんぐちゃん英語絵本

LittleDarumaandLittleTengu

昔話によく出てくる天狗。天狗の被っているおわんを逆さまにしたみたいな特長のある帽子、名前を頭襟(トキン)と言うんですね。
日本のことって、知っているようで細かいことは意外と知らない。。
子供には英語に親しんで欲しいと思いますが、同時に親は日本の事を、子供や国外にちゃんと説明できるよう、ある程度知ってないとな、と思います。

「Little Daruma and Little Tengu」はこんな絵本

日本の名作絵本「だるまちゃんとてんぐちゃん」の英訳版です。

仲良しのだるまちゃんとてんぐちゃん。だるまちゃんはてんぐちゃんの持っているうちわが羨ましくなりました。
てんぐちゃんと同じうちわが欲しい!お父さんのてんぐどんと一緒に、家の中に同じ様なうちわがないか探します。
帽子、ゲタ、、てんぐちゃんの持っている物と同じものがどんどん欲しくなるだるまちゃんですが?。。

お友達のやっていることを何でも真似したくなるのは、協調性のあらわれではないでしょうか。
友達やその持ち物への興味は、自分と家族だけだったちいさな世界が大きく広がったとゆうことです。
個性を伸ばす、個性を重んじる時代でも、子供はまわりの真似をしたいのです。
真似をして、まわりと自分が同じことで安心するし、真似じゃない譲れない部分、オリジナリティがでる部分は、そこは個性と呼び尊重する部分です。
子供がお友達と同じがいい!と言うのを”うちはうち、よそはよそ!”と一掃したい気持ちになりますが、なんでもまわりの真似をしたがるのを見守ってあげる時期もきっと必要なんですね。
てんぐちゃんも、だるまちゃんが真似をするのを嫌がっていませんね。一緒が嬉しいのかもしれません。

だるまちゃんは友だちのてんぐちゃんの持っているものを何でも欲しがります。てんぐのうちわや素敵な履物、なんとしまいには鼻まで。お父さんのだるまどんは思いつく限りの物を集めてきますが、だるまちゃんのお気に入りはいつも意外なところに……。だるまちゃんとだるまどんはどんなアイデアを思いついたでしょう?ユーモアあふれる物語と楽しいものづくしの絵本。全8作、大人気「だるまちゃん」シリーズの第一作です。

(福音館書店「だるまちゃんとてんぐちゃん」紹介文より)

「Little Daruma and Little Tengu」絵本を英語で読み聞かせ

リーディングレベル

絵本の総語数: 700
SSS YL: 1.5
読み聞かせ対象: 4歳から(アマゾンUSより)
32ページ

英語絵本を無料で読もう

県立図書館、市立図書館、町立図書館・・・公共図書館ではたくさんの洋書絵本を無料で読むことができます。せっかく無料なので、ぜひ図書館で英語絵本を借りて読んでみてください。お子さんが気に入る1冊があるかもしれません。

「Little Daruma and Little Tengu」を所蔵する図書館

  • 滋賀県立図書館
  • 栃木県立図書館
  • 群馬県立図書館
  • 東京都立多摩図書館
  • 鳥取県立図書館
  • 広島市立中央図書館
  • 徳島県立図書館
  • 香川県立図書館
  • 宮崎県立図書館
  • 岩手県立図書館
  • 福島県立図書館
  • 茨城県立図書館
  • さいたま市立中央図書館
  • 川崎市立中原図書館
  • 石川県立図書館
  • 県立長野図書館
  • 岐阜県図書館
  • 静岡市立中央図書館
  • 愛知県図書館
  • 三重県立図書館
  • 大阪市立図書館
  • 岡山県立図書館
  • 山口県立山口図書館
  • 愛媛県立図書館
  • 高知県立図書館
  • 福岡市総合図書館
  • 佐賀県立図書館
  • 長崎県立長崎図書館
  • 熊本県立図書館

ちょこ英語調べ(2017年8月):同一県内で絵本が重複する場合は、ひとつの図書館だけ表示しています。実際の蔵書状況は最寄りの図書館にお問い合わせくださいませ。

YouTubeで「Little Daruma and Little Tengu」の英語朗読を聞いてみよう

英語絵本朗読 だるまちゃんとてんぐちゃん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする